Articles

なぜ日本は第二次世界大戦でドイツ/ナチスを支持したのですか?ドイツとナチスが「純粋なアーリア人」を作ることを望んでいた場合。レース、それではなぜ日本は彼らを支持したのですか?


ベストアンサー

A2Aに感謝します

私がしなければならないいくつかのポイントがあります。

私の歴史の先生は次のように説明しました:1930年のドイツでは、ナチスは、ドイツ人がそれを「arisch」または「Herrenrasse」と呼んだように、あなたがより良い人間であるという意見を持っていました。マスターレース。それはブロンドの髪と青い目を意味します。彼らは北欧人(例えばスウェーデン)を完璧な「アーリア人」と見なしていました。これがの重要なポイントの1つです。日本人は明らかに同様の意見を嫌っています。彼らは自分たちをアジアの支配民族と見なし、言われています。ナチスの多くの意見に同意するため。そのため、そしてナチスが勝者となることを期待していたため、彼らは同盟国との協力に反対することを決定した。

日独関係は1860年に最初のプロシアからの日本への大使館訪問(1871年のドイツ帝国の形成に先立つ)。1603年に日本を西洋諸国との接触から隔離した徳川庄国によって、1867年の明治復興まで、可能性のある初期の関係は禁止された。 19世紀後半の激しい知的および文化的交流、中国における2つの帝国の対立する願望は、関係の冷え込みにつながりました。日本は第一次世界大戦でイギリスと同盟し、1914年にドイツとの宣戦布告を行い、アジアにおけるドイツの主要な所有物を掌握しました。 1930年代には、両国はそれぞれの地域に対して軍国主義的な態度をとった。これは和解につながり、最終的にはイタリアを含む政治的、軍事的同盟である「軸」につながった。しかし、第二次世界大戦中、枢軸国は枢軸国間の大きな距離によって制限されていました。ほとんどの場合、日本とドイツは別々の戦争を戦い、最終的に別々に降伏した。第二次世界大戦後、両国の経済は急速な回復を経験しました。経済問題に焦点を当てた二国間関係はすぐに再確立された。今日、日本とドイツはそれぞれ世界で3番目と4番目に大きな経済国であり、多くの種類の政治的、文化的、科学的、経済的協力から大きな利益を得ている。 2012年後半のベルテルスマン財団世論調査によると、ドイツ人は日本を圧倒的に前向きであると考えており、その国を競争相手ではなくパートナーであると見なしています。日本のドイツに対する見方も肯定的であり、47%がドイツを肯定的に見、わずか3%がドイツを否定的に見ています。

まず第一に、ヒトラー、つまりドイツは何にも立ち向かうつもりはありませんでした。日本人には悪い。実際、彼はドイツを日本の同盟国として迎え入れることを非常に喜んでいた。ヒトラーの世界観では、共産主義とソビエト連邦は悪であり、その間に他の国と戦うことになったとしても、アメリカは究極の敵になるはずだった。アメリカとの対決に備えるために、ヒトラーはドイツ国民が必要だと主張した。ヒトラーは、アメリカと競争できるようにするために、リーベンスラウム、つまり呼吸スペース(本質的にはより多くの人々/産業をサポートするためのより多くの土地)を東ヨーロッパに拡大し、嫌われているソビエトと戦うことを意味しました。彼はまた、日本人に対して否定的な見方をしていませんでした。代わりに、彼らをアリアンほど良くはないにしても、より良い人種の1つと見なしていました(これは便利だったかもしれませんが。要するに、ドイツの野心と恐れはさらに、日本は米国や西側とも競争していた。日本のアジアへの拡大は、大共産主義圏と呼ばれ、表面上はアジアの汎国家主義を支持していた。 FDR、および彼の国務長官コーデル・ハルは、日本人を強制的に停止させるための措置を次々と実施した。やがて、アメリカは日本に対する経済制裁を開始しました。日本はそれを帝国への致命的な脅威と見なし、第二次世界大戦に直接つながりましたが、それは三者同盟が調印された後のことでした。また、日本帝国はソビエト連邦との間にも多くの国境紛争を抱えていた。日本の主な敵はドイツのようにアメリカとソ連でした。それは何よりも地政学的な利便性の結婚であった。両国は同じ敵に直面した。日本の野心がアジアに限定されていたように、日本はヒトラーの目標が東ではなく西にあることを知っていました。

最終的に、日本はドイツと同盟すれば勝つと本当に信じていました。

ここに「同様の質問へのリンク」があります。なぜ日本は第二次世界大戦中に枢軸国側に加わったのですか?

回答

ここには多くの歴史があり、ほとんどが舞台裏にあります。あなたは第二次世界大戦にあまり興味がなく、彼らを見逃す可能性が非常に高いです。

日本人の最初のことは、彼らの近代化の努力の間に、明治維新として知られていることです。彼らはヨーロッパの君主制を研究してコピーする政府の形態を見つけました、そして彼らは彼らが崇拝した皇帝が言うよりもはるかに多くの力を与えられたプロイセンのモデル、王が王である英国のモデルに落ち着きましたフィギュアヘッド。ドイツは、イギリス、フランス、ロシアのような敵対勢力に包囲されたときに同盟国を必要としていたため、日本を支援することも同様に喜んでいました。そのため、日本陸軍の初期のトップオフィサーは、事実上すべて同じ男、メジャー Jakob Meckel によって教えられました。実際、彼らはメッケルの欠点が日本軍の欠点になるほどよく学んだが、それはまた別の日のトピックである。

パー最終結果は、組織としての日本軍が非常に親ドイツ的だったということである。ドイツが第一次世界大戦で敗北した後も、日本人はドイツを監視するために将校を派遣し、これらの将校は第二次世界大戦日本の中核将校となり、彼らが見たものからドイツ人をさらに称賛した。永田鉄山、岡村寧次、小畑敏四郎、東條英機などの将校たちが、バーデン=バーデンの密会(バーデンバーデンの陰謀)として知られる秘密協定を結んだ。 )、彼らが見たものを置き換えるための陸軍内の革命を目指して、日本の拡大主義への障害でした。永田鉄山は後に、相沢イニセントで殺害される前に、東成葉の長であり、日本軍の新星でした。彼の「弟子」である東條英機は、太平洋戦争の開始時に首相に就任しました。オカムラは、中国で日本で最も成功した将軍の1人でした。小幡は後に、内戦で敗北した派閥である鼓童葉の中核メンバーとなったため、辞任した。これは、日本軍がソビエト連邦に侵攻する計画であったことと相まって、軍を反ソビエトでもあったドイツに非常に近づけました。

日本海軍は実際にはいくぶん興味深いものでした。彼らは英国から学び、日英同盟は日露戦争に勝利した日本にとって最も重要な要素の1つでした。残念ながら、海軍には独自の新星伏見宮博 がいました。伏見王子は若い頃からドイツで勉強していました。軍令部長官を9年以上務めた伏見宮博毅の下で、日本海軍はイギリスとアメリカを親ドイツに連れて行くことからゆっくりと漂流した。セオドア・ルーズベルト米国大統領がポーツマス条約で日本を仲介した直後の1905年に、日本が最初に米国を敵として標的にしたことは助けにはなりませんでした。なぜそうなのですか?海軍は<ビ= "1d74aaaa85">

八八艦隊を望んでいました。つまり、お金を正当化する敵が必要でした。したがって、彼らは公式に米国を標的にし始めました。 35年後、米内光政提督は、日本海軍は米海軍を引き継ぐようには設計されていないと政府にきっぱりと語った。言い換えれば、彼らは予算を吸うために35年間予算を吸っています。それにもかかわらず、久しぶりに日本は進路を逆転させることができなくなった。

両軍種がドイツに向かって学んだことで、日本軍によって議事妨害され、傍観された政府がそれに続くことは避けられなかった。元中尉大島浩が駐ドイツ大使に就任し、正式に日独伊三国同盟と交渉した。日本を軸に合わせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です