Articles

ムーンチャイルドとは何ですか?


ベストアンサー

ムーンチャイルドは、多くの場合、癌の下で生まれたことを意味します 星座。ムーンチャイルドはユニークで好奇心旺盛な魂であり、しばしば夢中になり、彼または彼女の心は常にこの世界の外にあります。彼らは幻想の中で生きており、厳しい現実に戻ることを拒否しています。ムーンチャイルドは、必ずしもがんの星座の下で生まれたとは限りませんが、説明できない方法で月に引き寄せられるだけです。

「彼女の心はいつもさまよっている、彼女は間違いなく月の子だ!」

「彼はいつも月を見ている、多分彼は月の子です。

答え

私たちが月に戻ったことがないのは嫌です。革新と技術的成果を妨げてきたのは大きな悲劇です。

火星についての話はすべて嫌いです。 NASAの20年のベテランから聞いて驚かれるかもしれませんが、火星への旅行について話すことは、残念ながら、ニュースに戻るための迅速で簡単な方法を探して道に迷った同じ古い焦点の定まらないNASAによるレトリックです。

私たちが月に戻らなかった本当の理由は、テクノロジーとは何の関係もありません。それは政治であり、明白で単純です。そして最大の問題は、NASAのリーダーシップは常に優れたエンジニアで構成されてきたが、お粗末な前向きな思想家であり、メディアを通じて一般の人々に到達する方法を実際に理解したことがないということです。

NASAの指導者は、優れたエンジニアが必ずしも優れた教育者や広報担当者になるとは限らないことを知っているため、さまざまなアウトリーチプログラムを実行するために元ジャーナリストの軍隊を雇っています。ジャーナリズムは通常、科学、技術、革新について何も知らないので、それをどのように提示するかについても実際には理解していません。

それは私を狂わせます!宇宙探査で人々を興奮させるのはどれほど難しいですか?簡単なはずですが、あなたが何かの「真面目な」スペシャリストであれば、それを理解することはできません。NASAのアウトリーチ部門と将来の計画部門は、SFファンによって運営されるべきです!彼らはそれを理解します!

ジェット推進研究所での過去5年間、私は初期のプルートミッション、エウロパオービター、ソーラープローブの教育アウトリーチプログラムを管理しました。NASAの教育的リーダーシップがどのようになっているのかを直接学びました。国民との関わり方を理解するのに苦労しました。

私(そして私のような多くの人々)は、月に焦点を当てるべきだったと考えています。NASAがそのすべての技術を導入したとは信じられません。廃墟です。そうです、私たちはもはや月に戻る能力を持っていません!私たちがすでに持っていたもの、つまり3日間の旅行に出て、人々を最寄りの天体に送る能力を再現するには、数十億ドルの費用がかかります。

月のプログラムを続けていれば、おそらく可能でした。今では月に小さな都市があり、いつか他の惑星を探索できる技術の開発に向けて順調に進んでいます。

現実は-そして私はJPLで働いていました。これが起こったとき-ソビエト連邦が崩壊し、私たちと彼らの間の暗黙の冷戦が終わった後、米国議会のメンバーは実際にNASAに電話し、「まあ、あなたたちは今終わりましたよね?私たちはもはや米国を必要としませんロシア人と競争する必要がなくなったので、宇宙計画。」冗談ではありません。彼らは本当にしました。 NASAは細い糸で存在し続けましたが、米国の議員は、ロシア人と競争する以外になぜ宇宙を探索したのかわからないことが明らかになりました。

それ以来、NASAは焦点が定まっておらず、無駄な試みでした。派手な何かで政治家を感動させるために、誰もが月に飽きていると仮定して、火星のアイデアを思いついた。絶対的な狂気、私に言わせれば。

火星ミッションについての話は、科学的研究と次に何をすべきかについての注意深い分析から来たとは思わないでください。いいえ。それはひざまずきから来ました。彼らが派手だと思ったもので再び予算の達人を興奮させることができなければ、宇宙計画全体が管を下って行くのではないかという恐れへの反応。

今、私たちエンジニア/教育者はこれを理解できませんでした。私や私のような他の人々は、NASAの指導者を説得しようと試みましたが、残念ながら、それは、これまでに教えたことがありますが、別の世界での生活方法を学ぶための刺激的な冒険で月に戻るケースを作成するのは非常に簡単です。行き止まり。

火星ミッションを提唱するNASAや他の人に、月の能力を再構築してそこに戻り、始めたことを続けて、かなり風変わりな話をやめるべきだと一般の人々に伝えてほしい。火星ミッションで命を危険にさらすという

外に出て、次に月が出るときに月を見て、私たちの最初の宇宙移民がそこにあると考えることがどれほどエキサイティングであるかを考えてください。しかし、息を止めないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です